華原朋美、小室哲哉による新曲!I believeを越える? 兄のブログは?

華原朋美
出典:sp.tomomikahara.com
小室哲哉と16年ぶりにタッグを組み楽曲を発表したことで話題を呼んでいる、
朋ちゃんこと華原朋美さん。
華々しく復帰というイメージですが、過去には当時付き合っていた小室哲哉との別れ、
自殺未遂、薬物乱用、精神科への入院など
数々のスキャンダルが噂されました。
小室哲哉さんとの共同製作「はじまりのうたが聴こえる」は
今華原朋美さんが出演しているネット番組、
「とりま華原さんに聞いてみないとね」
(USTREAM、ニコ生などで放送)で発表されました。
歌い終わった番組最後には、涙を流す一面も。
どんな気持ちだったのでしょう?
デビュー当時の勢いはハンパ無かった
1974年8月17日 生まれ、40歳。
東京都出身。
1995年~「I’m proud」「I BELIEVE」などが大ヒットト。
桃の天然水のCMに起用されるなど、歌手にととどまらない活動も見せており
一躍トップアーティストの仲間入りを果たしました。
また、プロデューサーである小室哲哉と付き合っていることもオープンにしていて、ファーストアルバムの歌詞カードには
二人が抱き合っている写真なども使用されていました。
まだ華原朋美さんも20代前半で、デビュー当時から彼氏がいる宣言をするというのが
かなり話題になったと同時に、
楽曲に二人を重ね合わせ憧れる中高生が多く、
「朋ちゃんみたいになりたい!」
「ラブラブで羨ましい」と言われていた。
出すCDすべてミリオンセールス。
当時の小室哲哉がプロデュースしていたアーティストたち、小室ファミリーの中でも一際輝いていました。
転機は小室哲哉との別れ
ただ、輝かしい日々はそう長くは続きませんでした。
3、4年たった頃、自殺未遂を起こしたのです。
小室哲哉とも別れたと報道され、その後も仕事をうまくこなせなくなり
テレビでの活動はあまりみられなくなりました。
調べるとちょこちょこ芸能活動はしていたようですが、
ここ数年は気管支炎で療養していたようで、
今回の復帰は三度目。
やっと本格復帰できたのではないかと言われているようです。
元彼は作家でタレントのあの人
華原朋美さんと噂のあった人とと言えば、作家でタレントの竹田恒泰さん。
20代一般女性と最近結婚されましたね。
そんなにカッコイイタイプではないですが(主観で済みません、)
なんと!朋ちゃんと付き合っていたときは二股、三股もしていたとか?!
人の好みって様々ですねー
トンデモ発言でも有名だった竹田さん。
朋ちゃんはちょっと付いていかれなかったみたいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ピエール瀧 ドラマで主演!出身高校は?結婚してるの?嫁は?【オラフ】

nhk64.png
出典:www.nhk.or.jp
「ピエール瀧はNHKドラマの主役をはるすごい役者さん」
NHKドラマ「64(ロクヨン)」の出演を受け、信じられないことに
そんなとんでもない勘違いをする人がちらほらと近くに現れはじめたので、
その動きを真面目に阻止すべくちょっと筆をとってみたいと思います。
電気グルーヴ時代から知っている人はあのドラマをまともに見られないと思います。
※ご注意)ドラマそのものは極シリアスで素晴らしいストーリーです。
年中、こんな格好をしたり
ピエール瀧
出典:www.fujirockexpress.com/
こんなことをして来たおっさんが
ピエール瀧
出典:miyearnzzlabo.com/
真面目な顔して演技しているのを見るだけでもう..
と、なんとも言えない気持ちになるだけに、アホらしい気持ちになるだけのために
ドラマをかかさず見ています。
電気ファンの方はみんなそのような見方をしているに違いありません。
ピエール瀧は役者じゃありません。瀧です。
1967年4月8日生まれ、48歳。
静岡県出身。
高校のとき、後に同じバンドを組むことになる石野卓球と出会い「人生」に参加。
楽器の弾けないミュージシャンとして活躍する。
のちに電気グルーヴとしてデビューするのですが、電気グルーヴそのもの、
ライブのプレイスタイルはとにかくめちゃくちゃで、
富士山や殿様、ドラえもんの姿で登場
・西武所沢球場でライブを行った際、球場使用注意事項を全て破り、以降出禁
・ライブの最中にピザを回す
・ライブの最中にろくろを回して陶芸作品を作る
ニワトリを会場に放して、さらにそれを捕まえる
・ライブタイトルは「Kicking Noise of Denki Groove ~超巨大ダンプ豚グソ号発進ツアー」、
下痢便発電所異常なし’83 ツアー」など
などが挙げられます。
ピエール瀧は楽器が弾けないので、
基本は半裸などでで踊っているだけと、何もしないただのおっさんです。
ただし、役者としても(本人の気持ちがどうであれ)その才能を買われて
出演に至っている訳ですからすごいですよね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)