結構使える!子育てママ用フリー情報誌「Happy-Note 2018特別増刊号」をレビュー!【1】

こんにちは。子育て楽しんでいますか??5か月のベイビーを子育て中のゴロネです。

「Happy-Note 2018特別増刊号」のレビュー!【その2】はこちら

前回の記事に引き続き、Happy-Note2018特別増刊号レビューをしていきたいと思います! 結構使える!子育てママ用フリー情報誌「...
デパートの授乳室へ行くとフリー情報誌が結構置いてあるんですよね。普段から雑誌のたぐいは読まないのですが、「タイトルが魅力的だなー」と思いついつい手に取ったのが「Happy-Note」でした。
読んでみると、無料の情報誌にも関わらず内容がとても充実していてなかなか役に立つので、興味を持った人に知ってもらうことを目的とし、記事をレビューしていきたいと思います^^

スポンサーリンク

Happy-Noteとは?

Happy-Noteは、0~4歳のお子さまを持つママと一緒につくる無料の育児情報誌です。

育児や家事で忙しい毎日を笑顔でHappyに過ごしてほしい…子育てに少しでも役に立つ情報やヒントをお届けしたい…という思いでHappy-Noteは最新の良質な情報をお届けしています。
赤ちゃん連れのお出かけ情報から、家族を取り巻く環境や健康、食育、習い事、暮らし、ママの応援企画など、毎号家族が幸せになれるお役立ち情報が満載です!
また、無料でお配りしているHappy-Noteは読者の皆さんの積極的なリアクション(反応・行動)に支えられています。掲載情報への資料請求、プレゼント応募、読者モデル応募や写真投稿など積極的な参加を編集部スタッフ一同、心よりお待ちしています。

編集長 中西恵子

出典:https://happy.happy-note.com/

発行元はミキハウス子育て総研株式会社というところで、協賛企業からの収入で運営・発行している感じですね。フリー情報誌特有の広告バリバリの感じではあるのですが、前述の通りコンテンツはとてもしっかりした作りになっていると感じました。

Happy-Note 2018年特別増刊号のもくじ

タイトル
子育てファミリーナビゲーションBOOK

2018年のHAPPYガイド
家族でせ~のっ!未来のための第一歩

毎日が楽しくなるアイテム
育児グッズ&サービス
大人の料理を取り分けて ラク★かわいい♡離乳食

2018 今年こそマイホーム
さぁ、始めよう!マイホーム計画
住まいの資料 まとめて請求しよう!
夢実現!子育て一戸建てを建てよう
わたしたち、マイホームを建てました
子育て家族が取り入れたい 住まいの設備&建材
子育てに優しい住まいと環境認定物件とは

子育てしやすい自治体み~つけた
学力・知力・生きる力が育つ「教育」を求めて移住する

成長・発達・学び
始めた、やってよかった、習い事体験談
お子様の成長をお祝いしよう!
ウェルカムベビーの神社

お金リアル
ライフプラン表を作って立てよう 幸せ家族のマネープラン
ママ・パパのための備え
お子様の将来のための備え
ライフプラン表を作ってみよう!

教えて!ドクター特別編集
赤ちゃんの免疫とワクチン
予防接種スケジュール
子供の急病の対応
不慮の事故の応急処置
子供や家族の花粉症対策
子供の腸活

ミキハウス子育て総研の認定事業
子育てしやすい未来のための社会づくり
ウェルカムベビーのお宿
ウェルカムベビーの結婚式場

子育てのヒントが満載!
「家族でせ~のっ!未来のための第一歩」レビュー

子育てのヒントを「保育」「教育」「安全」「環境」「ママのキャリア」の5つについて専門家がヒントをアドバイス。

面白いと思ったのは、道徳授業的なことに特化せず、「AI(人工知能)が取り入れられる時代に、どうやってコンピュータに勝てるオリジナリティを持った心を育てるか?「2020年から取り入れられる新しい学習指導のポイント」など、今・これからのトレンドを加味し紹介しているところです。分かり切った子育て論は聞き飽きているお母さんにも、新しい発見があるのではないでしょうか。

子供時代にしかできないことをさせよう!「教育」カテゴリ

知識を深めることはスマホで瞬時に何でも探せる今、もう古い。これからは理解と応用する力が重要とあります。最終的には創造する力が求められるわけですが、教育には時間がかかり、今やっていることが10年後、20年後に活きてくると考え、「その歳にしかできない」さまざまな体験をさせることが重要とあります。

また、子供年齢は親の子育て歴とイコールであることから、子供がチャレンジすること・させることは親も一緒に努力して挑戦することで親子関係を強めていく重要性もうたっています。

子供を事故から守るのは親の責任。「安全」カテゴリ

ボタン電池の誤飲で消化管の粘膜を傷つけ穴が開くほどの重傷を負うこともあるとのこと。

小さなことの手の届く所に置いてはダメということは知っているのですが、「なぜいけないか?」の理由までしっかり親が理解することで、親の気を付け方や意識も大きく変わると思うのです。

ゴロネの子はまだ小さいですが、すぐ歩き始め手あたり次第モノをつかんで口に入れると思うと、身が引き締まる思いでした。

ウェブカメラを進めているところや中古品を買うときの注意なども興味深かったですよ。メルカリなどフリマアプリが流行っていますから、中古がより身近になっていますからね。

毎日の離乳食づくりの手間を省く!
「ラク★かわいい♡離乳食」レビュー

見た目にもかわいらしく美味しそうな離乳食の紹介。簡単に挑戦できそうなメニューが並んでいます。

わたしが気になったのは食物アレルギーの基礎知識。食物アレルギーを持つ子供は食後二時間以内に以下の症状が出るとのことです。

  • 皮膚のかゆみや赤み
  • 目の充血
  • 口、のどの違和感
  • 咳、声がかすれる、息が苦しい
  • くしゃみ
  • 腹痛、吐き気、下痢
  • 元気が無い、意識がもうろう

食品にアレルギー表示があることが知っていましたが、卵・乳・小麦・エビ・カニの表示をさせる理由が「発症件数が多いため」であること、そば・落花生は「症状が重くなることが多く、生命に関わるため」であることは初めて知りました。

巻頭には抽選プレゼントコーナーがあり、誰でもどれかは欲しくなるアイテムを取りそろえていてさすが、という感じ。こちらはウェブサイトからでも応募できるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

プレゼント応募:
https://happy.happy-note.com/present.html

他のコンテンツに関しては、また後日更新したいと思います。

「Happy-Note 2018特別増刊号」のレビュー!【その2】はこちら

前回の記事に引き続き、Happy-Note2018特別増刊号レビューをしていきたいと思います! 結構使える!子育てママ用フリー情報誌「...
フリー情報誌を上手に使ってタメになる情報をゲットしましょう♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)