【5分で分かる】仮想通貨のウォレットって何?コインを買ったら「財布」にがっちり入れておこう!


先日、コインチェックでNEM(ネム)不正流出事件が起きました。全財産突っ込んでしまい本社へ乗り込んでいた方もいましたね。

あれは取引所のウォレットに、言わばネムをむき出しにして置いておいたことが故に起きてしまったことです。

コインチェックのずさんな管理方法は言語道断ですが、仮想通貨の仕組みや投資のリスクを良く知り、自分の身は自分で守る良い教訓になったと思います。かくいうわたしもそうです…!

バフェットも言っていました。自分の理解できないものに投資してはいけないと…。

さて、では仮想通貨を安全に守るためにはどうすればいいか?

答えは簡単です。仮想通貨のお財布=ウォレットに入れて管理を行えばいいのです。

スポンサーリンク

仮想通貨ウォレットとは?

仮想通貨を買ったときに入れておく、専用のお財布のこと。

取引所で仮想通貨を買ってそのままにしておく状態は、お金をむきだしでその辺に置いてあるのと同じです。

ハッキングされたり、不正流出などのトラブルに巻き込まれると、全て失うことになりかねません。

ウォレットの仕組みや種類を詳しく紹介してあるサイトはたくさんあるので、ここでは誰でも分かりやすく理解できるようご説明したいと思います!

ウォレットには2種類ある

常にオンラインの状況にあるものを「ホットウォレット」、オフラインの状況にあるものを「コールドウォレット」と言います。

ホットウォレットは、外部から盗まれる可能性がありますが、コールドウォレットはその心配はありません。

ちなみにウォレットは、仮想通貨ごとに一つであることが多いです。ビットコインはビットコインだけのお財布。リップルはリップルだけのお財布、という具合です。

複数の仮想通貨を管理できるウォレットもあります。

ではそれぞれどのような種類があるか見ていきましょう。

ホットウォレットの種類

ホットウォレットとは、しょっちゅうやり取りする仮想通貨や、少ないお金を管理するのに向いているウォレットです。

取引所のウォレット

取引所で買った仮想通貨は、いつでも取引可能な財布にいったん入ります。しかしこれは取引所に預けているに過ぎません。

もし取引所が倒産したらパーです。

取引所は、顧客の財産と自社の財産は分けて管理していると言っているものの、本当のところは分からないのです。

ウェブウォレット

取引所のウォレットとは別に、ウェブ上で財布を持つイメージです。

取引所からは隔離されているので、倒産リスクは避けられますが常にネットにつながっているため、ハッキングされ中身を奪われる可能性があります。

サービスが停止になる可能性だってあります。

いくつか、代表的なウェブウォレットをあげていきます。

Blockchain

https://blockchain.info
唯一日本語に対応しているウォレット。

BitGo

https://www.bitgo.com
セキュリティ面が強化されているウォレット。

モバイルウォレット(アプリ)

スマホのアプリやブラウザの拡張機能など、インストールして使うタイプのアプリ。ウェブウォレットよりセキュリティが強固なものもありますが、ネットにつながっている以上はハッキングで奪われる可能性にさらされています。

Mycelium

https://wallet.mycelium.com
ビットコインウォレット。端末上にのみ秘密鍵を保管するタイプで、セキュリティが高い。

Toast Wallet

https://toastwallet.com
リップル専用ウォレット。こちらもオフライン環境で保管ができます。

Coinomi

https://coinomi.com/
70以上の仮想通貨に対応しているウォレット。主要なマイナー通貨もカバーしているので、一元管理したい人におすすめ。

コールドウォレット

当面使わない仮想通貨や、ある程度まとまった金額のお金を保管しておくのに向いているウォレットです。

ハードウェアウォレット

USBメモリのような形をしたウォレット。ネットとは完全に遮断されているため、第三者に奪われることはまずありません。また、無くしたり故障したらパスフレーズで復元することができるので安心です。

Ledger Nano S

https://hardwarewallet-japan.com
ビットコイン、リップル、イーサリアム、イーサリアムクラシック、イーサリアムトークンなど、15以上の仮想通貨に対応しています。


TREZOR

https://trezor.io/
対応通貨はビットコイン、ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド、イーサリアム、イーサリアムクラシック、Dashなど。Ledger Nano Sよりは少ないです。

ペーパーウォレット

仮想通貨を秘密鍵、アドレス、QRコードの3つの情報にし、プリントアウトしておく方法。こちらも、ネットとは完全に遮断されているため、ハッキングされることはまずありません。しかし、ぺらーっととこかに飛んでいって紛失したり、燃えてカスになったらおしまいです。

また、仮想通貨として使用する場合はまたデータの状態に戻す必要があります。

まとめ

仮想通貨はCMも増えたことから目につく機会も増え、ブームに乗って気軽に買っている人も多いのではないでしょうか?

取引所にどんなに親密なイメージを持っていても、自分の資産を確実に守ってくれるということは、残念ながら無いんですよね。

安全性と手軽さで考えると、やはりハードウェアウォレットで管理するのがベターかなと思います。


ぜひウォレットを活用して仮想通貨を守りながら増やして行きましょう♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)