12月6日生まれの運勢を徹底解明!|【完全無料】365日誕生日占い ~恋愛・結婚・金運・性格が怖いくらい当たる!~

スポンサーリンク

12月6日生まれの人の性格

  • 12月6日生まれの人は「面倒見のよい心優しいサポーター」タイプ。
  • 誰に対しても優しく、細やかな部分にも配慮が行き届きます。相手のことを心から想いやれる方なので、人から頼られ愛されるでしょう。
  • 表裏のない性格の持ち主でもあり、ご自身の考えや嫌なことをはっきりと言います。12月6日生まれの人を知る人から見れば、それも12月6日生まれの人の美点として映っているはずです。
  • そんな12月6日生まれの人の知的ですっきりとした生き方に賛同する人は多く、常に友人や仲間に囲まれていることが多いでしょう。
  • 一方で、自分の基準が一番正しいと思っているような部分もあります。その基準に当てはめて人・物事を判断することもしばしば。
  • 時には12月6日生まれの人よりも立場の弱い方に自分の考えを押し付けていることがあるかもしれません。
  • 知識の吸収に貪欲で、読書や人との会話などから常に新しい情報を吸収し、日々ご自身を磨いています。
  • 好奇心が強くさまざまな分野に精通しており、マルチな才能の持ち主です。その経験・才能が社会に貢献する活動にも大きく役立つでしょう。
  • 困っている人を見たら手助けせずにはいられないタイプです。
  • ただし、相手がどこまでのサポートを望んでいるのかをよく感じ取る必要があります。ご自身が十分だと思うレベルまで献身的になると逆にお世話を焼きすぎてしまうことも。
  • 結果、人によっては12月6日生まれの人にベッタリと依存したりつけ込んで来られる可能性があるため注意が必要です。

12月6日生まれの人の仕事運

12月6日生まれの人をしっかり支えてくれる良き仲間に恵まれるので、努力と忍耐を持って臨めば大きな成果を上げることができるでしょう。ただし心の底から信用し全てを預けられるまでの関係を築くには、かなり時間がかかるタイプです。
普段は現実的な考え方ができる12月6日生まれの人ですが、周りからの期待が集まり過ぎると知識に驕ったり、周囲に持ち上げられて舞い上がってしまい先走った行動を取ることがあるかもしれません。それでは最大限の成果が得られない可能性があります。焦って結果や成果を出そうとせず、その過程を大切にすることと、他人の意見に耳を傾ける柔軟性を持つことが今後とても重要になってきます。
困った時に頼れる存在であることや優しい雰囲気から人は12月6日生まれの人に頼み事をしやすいでしょう。厄介事を押し付けてくる人もいるかもしれません。そのため、12月6日生まれの人が本来やるべきことや12月6日生まれの人にしかできない事がおろそかになってしまうこともあるようです。時にはハッキリと断ることも必要です。社会に貢献できるような人でありたいという強い願いを持っています。接客・サービス業など人と接する仕事は天職ですがそれ以外にも教育関連等、人に何かを教える仕事にも適性があります。
2020年は、じっくり腰を据える姿勢を貫くと幸運を招き寄せられる一年となります。そのため、今年は「待つ」がテーマ!少々せっかちな性格の12月6日生まれの人ですが、焦らず落ち着いて過ごせば運気は上昇していきます。そのため、すでに結論がもう定まっていることがあってももう一度時間を置いてみましょう。最善だと思っていたことでももっと良い道が発見できたりなど、12月6日生まれの人にとって良い方向へ物事が進みます。
チャンスを逃すのでは…と考えるかもしれませんが、この「間」こそがチャンスを呼ぶきっかけとなりそうです。パッと決断するのではなく、周囲を見渡すなどのゆとりを持って過ごしましょう。今年の12月6日生まれの人は待っていることでより幸せになれます。

12月6日生まれの人の恋愛運・結婚運

12月6日生まれの人は誰に対しても優しく接するため、相手に好意があると勘違いされてしまうことがあります。合わせて来るもの拒まず的な一面があるため、意中の人がいるにも関わらずその場の雰囲気・流れで、積極的にアプローチしてきた別の人と良い関係になってしまうことも。
また、甘えてきた相手に対してはついかいがいしく面倒を見てしまいます。恋人・パートナーとして選ぶのは、依存心の強い甘えん坊が多いかもしれません。特に金銭的なことを頼って来る相手と結婚を前提に交際する時には要注意です。
ストライクゾーンは広いと見せかけて、心の底では自分をよい方向に導くような「刺激を持つ人」を望んでいます。優柔不断な面を克服すれば、自分にとって本当にベストな相手を見極めることができるでしょう。
幅広い知識を持ち、優しい対応のできる12月6日生まれの人の友人になりたい、恋人になりたいという人は多くいます。そのため孤独を感じたり誰かを強く求めたりすることがなく、その時自分の近くにいる人と過ごすという受動的な恋愛をすることが多いでしょう。
12月6日生まれの人の恋人たちは、12月6日生まれの人から特別に愛されている自信を持てないために短い周期で離れていってしまいがちです。同じ相手と長続きしにくく、プレイボーイのレッテルを貼られてしまうことも。
そんなモテる時期も年齢とともに徐々に少なくなって来そうです。ふと気づくと周囲はみな家庭を持ち、12月6日生まれの人だけがフリー…という状態になってしまうかもしれません。いくら安定した恋愛運を持っているとはいっても、遅くとも50歳頃までにはしっかりと身を固める決意をすることで、全体的な運気も向上していきます。

12月6日生まれの人の2020年後半の運勢

  • 12月6日生まれの人の2020年のテーマは「豊かさ」
  • 物質的、精神的な豊かさを感じられる一年
  • 成長、成果の実感を得やすくなる


実りの多い充実した1年になりそうです。自分自身の内面も外面共に成長を感じることができるはずです。きちんと目の前の事をこなすことで穏やかな気持ちで過ごせることができるので、心も広く豊かに過ごせそうです。
2020年は12月6日生まれの人にとって勉強の時期になるでしょう。仕事上やプライベートで新たな知識を必要とされる状況になります。これまでの知識だけでは太刀打ちできないと感じたら、関連書物やその道のプロに相談し、12月6日生まれの人の知識を増やしていくとよいでしょう。
学ぶ意欲が自然と増してくるため、資格取得など具体的な目標を掲げると効率が上がります。いつもよりも頭に入りやすく、学んだことがすぐに身になりますので英会話などの語学や先々の人生やビジネスで役立ちそうな知識取得に取り組むのもおすすめです。一人で勉強するのも良いですが、講座などに通って同じ目標を持つ人たちとの交流を持つことも大きな刺激になります。漫然と学ぶよりも目標を持っていた方が知識として定着しやすいので、将来的をじっくり考える良い機会かもしれません。勉強が楽しいと思える時期になります。
年の後半になると成長することに慣れてしまい、周りと自分の比較し集中力がダウンする可能性があるので要注意です。一度その沼にハマってしまうと比較クセがついてしまい、成長の妨げとなるためお気をつけください。
あくまでも自分は自分。スピード感は意識しつつも余分な焦りは捨て、自分のペースを保ち丁寧に掘り下げてみましょう。そうすることでさらに実りの多い1年になるはずです。

12月6日生まれの人の金運

2020年はさまざまなところからのお誘いが増えそうです。それに伴って出費も増えていくでしょう。今までの生活にはなかったような華やかな場所に行く機会もありますから、とてもよい刺激となる様子。ただし身の丈に合わないお付き合いはのちに家計を圧迫してくることが考えられます。生活水準よりはるかに上と思われる場は、たまに行く程度に控えたほうがよいでしょう。
現状以上に見せようと見栄を張ると、あとが続かなくなります。金銭感覚が異なる人々と付き合うのは確かに刺激となりますが、無理に合わせず、できる範囲で付き合いを続けるのが賢明と思われます。

12月6日生まれの人の人間関係運

2020年は友情を再確認できる時期となりそうです。困ったときはまず信頼しているご友人に相談しましょう。親身になって考えてくれるばかりでなく、協力を惜しまない姿勢に感激するかもしれません。
反対に、ご友人が困っていたらすぐに手を差し伸べてください。忙しいからといって後回しにすると、大切な友情にひびが入ってしまい取り返しのつかないことにもなりかねません。
また、ご友人は12月6日生まれの人の状況に対してときに厳しい意見を言ってくるかもしれません。しかしそれは、仲が良いからといってただ同調するだけでは12月6日生まれの人のためにならないと冷静に判断して言ってくれることです。貴重な意見なので、否定するのはひとつグッとこらえましょう。12月6日生まれの人のためを思っての発言は良い方向へ進めるためのアドバイスと捉え、しかと受け止めていただければと思います。

12月6日生まれの人の健康運

生命線が親指の付け根のふくらみ、金星丘を囲うように親指の下までぐるりと綺麗に巻き込んでいます。途切れなく綺麗にまっすぐつながっている場合、健康で幸せな人生を送るとされています。
とても安定した運気をまとっており、気力的にも体力的にもエネルギッシュに行動することができます。また病気を寄せつけない強さを持っているといえます。
健康には気を付けるタイプで、栄養バランスの取れた食事や流行りの健康グッズには少々こだわりがあるのではないでしょうか。逆にそのこだわりが神経質になり過ぎないよう、お気を付けください。
一方で、多忙になると自己管理を二の次にしてしまう懸念あります。忙しい時ほど規則正しい生活と、軽いストレッチを心がけると良いでしょう。
微熱が続いたり胃腸不良・動悸や息切れも安易に考えず、早めに受診をすることが重要です。油断していると呼吸器形や消化器系の病にかかりやすくなりますので、ご注意なさってください。あまり気にし過ぎる必要はありませんが、ちょっとした悩みや不安が膨らみ過ぎると自律神経失調症などにつながる危険があるので、こちらも注意するに越したことはありません。
精神的な不調を未然に防ぐには、悩みが大きくなる前に誰かに相談するのが吉です。不安を口にするだけで気持ちが晴れ、スッと楽になり、停滞した運気も流れを取り戻します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)