【3歳・弱視の治療日記】かわいい、おしゃれ、スペアにも!弱視のおすすめメガネ

こんにちは!3歳の弱視の娘を子育て中のゴロネ子です。

弱視と診断された途端に必要になる、治療用メガネ。どこで買えばいいの?何がおすすめ?私もネットや実店舗で調べまくりました。なぜなら、3歳ごろからかけられるメガネというのは意外と限られてるんです…!さらに子供のこだわりが強ければ、サイズは良くても気に入るものがあるかどうかも重要な点です。

妊娠中だったり子育て中のお父さん・お母さんの場合はなかなか実店舗に見に行くことも難しいと思います。以下おすすめのメガネ屋さんを一覧化し詳しく説明していますので、お役立ていただけれぱ幸いです。

スポンサーリンク

弱視治療用眼鏡の作成に必要なものは眼科医が処方する「作成指示書」

弱視治療用にどんなメガネを作れば良いか?は、眼科医の処方する「作成指示書」に全て記載されています。視力検査をした上で作成してくれます。視力検査の結果だけでなく、遠視や乱視が入っている、斜視があるなど、詳しく記載されています。その書類を持ってメガネ屋さんに行くだけでOK。医療証や保険証は不要です。その書類を持ってメガネ屋さんに行くだけでOK。医療証や保険証は不要です。

アフターケア万全!「アンファン(オグラ眼鏡店)」

種類豊富で丁寧に説明してくれます

うちが購入したのがこちら、アンファンのメガネ。視力がめちゃくちゃ良い我々夫婦の場合、メガネを購入する行為は生まれてはじめて。右も左も分からない…。眼科の先生からの紹介もあり安心できるということで、ファーストメガネはアンファンで眼鏡選びをしました。

私としては、べっ甲縁のオシャレなレイバン型のメガネが良いなーと思っていましたが、案の定娘は「ピンクじゃなきゃ嫌!」。そしてフレームはメタルフレームという一貫した主張があったため、自ずと方向性は固まって行きました。

しかし、気に入ったからと言ってサイズが合っていなければ購入できません。色は好きなのに、一つ大きいサイズしかない。サイズはいいけどツルの裏の柄がイマイチ、などなど様々な問題があります。

ちなみにアンファンの場合、0歳(乳児)のサイズから取り扱いがあります。赤ちゃんでもうまく固定できる、耳掛けがベルトタイプになっているなど、かなり考えられている作り。ぜひ店員さんに相談してみてくださいね。きっと詳しくご案内してくれると思います。

ついに気に入った色を見つけ、フィッティングしたところサイズもバッチリ。購入に至りました。しかし、レンズを作るのに一週間ほどかかるとのことで、その日に持ち帰れることは多分どのメガネ屋さんも無いのではないかと思います。

ちなみにアンファンでは以下のアフターフォローが付いてきます。

フレーム破損時の一年間無料修理

3ヶ月以内のレンズ度数無料交換 ※同一病院の処方箋が必要です

レンズ破損時の1年以内無料交換(左右1回づつ)

スペアメガネご購入特典 同度数、同レンズタイプで2本目のメガネを作成する場合、値引き

ファミリー優待特典 ご購入より6ヶ月以内にご家族様が、度付きメガネ一式をお買い上げいただいた場合、一式金額より11,000円(税込)引き

定期点検制度

アンファン公式サイトより

うちの子は動きが激しいので、転んだりどこかにぶつけたりしてメガネをしょっちゅうひん曲げています。メタルフレームってかなり固いので、なかなか自力で直すことが難しいのです。そのたびにアンファンへ持っていき、調整してもらっています。「また来たか…」的な素振り一切なく、いつもニコニコして直してくれて本当に助かっています。※ちなみにいつも無償で調整してくれます。

もしこれがプラスチックフレームであれば、破損していたかもしれません。そう考えると、メタルフレームで正解だったかな?と思っています。

ちなみに、耳掛けの部分を耳をぐるっと覆うような形のものに変更もできましたが、つるを大きくカットする必要があると聞き、気に入らなかったとき戻せないと思い、最初は元のままの耳掛けで作ってもらいました。もしすぐ外れてしまうようなら後から加工しようと思っていました。

結局は、かなり激しく動いても顔にメガネがフィットしていれば外れることはありませんでした。メガネが飛んでいったのは、人と思い切りぶつかってしまったときだけ。強い衝撃であれば、耳掛けに工夫されていてもあまり変わらないかもしれせん。

オシャレメガネの決定版!OMODOK(オモドック)

オモドックのコンセプトは以下の通り。

メガネ×明るい視界。メガネをかけること。それは文字通り、楽しいことの掛け算であってほしい。「掛けなければいけない」から「掛けたい!」へomodokが子供メガネに込めた、大切な想いです。

オモドック公式サイトより

このコンセプトの通り、洗練されたおしゃれかつ機能的なメガネが特徴です。3-5歳向けのメガネは耳掛けの部分が特殊で、耳をぐるっと覆い取れにくくするような形になっています。他社でも似たような商品がありますが、こちらは特許申請中とのことです。

高品質な国産で、メガネを好きになってもらう=掛けやすさを重視しているかつ、おしゃれに敏感な親御さん、あるいはお子さんにはピッタリのメーカーだと言えます。

サイズは未就学児からの3歳〜。赤ちゃん用はありません。

オモドックのメガネはとても気になっており、娘にも勧めたかったのですがうちの子はピンク+メタルフレーム一択だったので、断念しました。もう少し大きくなって買い替えの時期が来たら、好みも変わってくるかもしれませんね。

安さが嬉しい。かわいいメガネも!Zoff(ゾフ)

Zoff(ゾフ)でも弱視の治療用メガネを作ることが可能です。ただし、サイズには要注意。一般的に未就学児(3歳用〜5歳)のメガネのサイズは片方のレンズ横幅:40mm、ブリッジ(鼻部分)の横幅:14mmくらいと言われています。メガネ屋さんではサイズ表記として「40-14」とされるようです。

また、小学校1年〜3年生(6歳〜9歳くらい)の子供だと 片方のレンズ横幅:44mm、ブリッジ(鼻部分)の横幅:15mmくらいのサイズが平均的で、サイズ表記は「44-15」となります。※表記はメガネ屋さんごとに変わることがあるのでご注意ください。

Zoff(ゾフ)の子供用メガネの最小サイズは片方のレンズ横幅:45mm、ブリッジ(鼻部分)の横幅:16mm。一般的には6歳〜、小学校1年生くらいからのサイズしかラインナップがありません。

ちなみにウチの娘はジャスト3歳でメガネを作りましたが体が大きく、 片方のレンズ横幅:44mm 、ブリッジ(鼻部分)の横幅:15mmを購入しました。しかし、Zoff(ゾフ)のメガネは若干大きく顔からはみ出てしまったのと、娘自身も「ちょっと大きいなあ」と言ったので断念しました(セカンドメガネを安く買いたかったのですが…)。

メガネのサイズ表記としては大差ないのですが、骨格なども関わってくるので、実際にフィッティングしてみないと合うか合わないかは分からないものなのです。

もしZoff(ゾフ)で見つかればお安く弱視治療用メガネを購入できるので、ラッキーかもしれませんね!

お問い合わせすれば、弱視用メガネも対応可能。眼鏡市場(めがねいちば)

こちらも、レンズとセットでお安くメガネが作れる眼鏡市場。オンラインサイトで検索したところ、未就学児(3歳児〜)のメガネはヒットせず、7歳〜10歳 (フレームサイズ:45・46)からの取り扱いとなるようでした。

念のため、未就学児の弱視治療用メガネの取り扱いはあるか確認したところ、以下のような返答がありました。

3歳児〜向けの商品は「ビーバ」という幼児用メガネフレームを商品取り扱っております。こちらのフレームは通常のセットとは異なり、眼鏡一式(フレーム+レンズ)で作製する場合の費用につきましては、以下の通りです。

【フレーム代】18,857円(税込)~

【レンズ代】11,880円(税込)~ 

合計30,737円(税込)~

でございます。※フレームの玉型サイズは36mm、38㎜の2種類となります。※店舗に在庫がなくメーカーよりお取り寄せとなります。

眼鏡市場からの返答

近くに眼鏡市場しか無く、子供(未就学児)の弱視治療用メガネを作ることになった、という方はぜひ店舗に相談してみてくださいね。ちなみに上記メガネフレーム+レンズの金額は保険適用+助成金上限の38,902円以内に収まるので、お手頃価格と言えると思います。

弱視治療用メガネを取り扱っていないメガネ屋さん

JINS(ジンズ)

店舗も非常に多く、安く眼鏡が作れるジンズ。ウチもセカンドメガネの購入を考えていた際相談に行きました。店員さんに聞いたところ、「弱視治療用レンズの取り扱いはありません」とのことでした。フレームサイズも小学校中学年以降しか無いとのことで、断念しました。お安く、カワイイだけに残念です。

最後に、娘の弱視治療の経過について

こちらでも記載しましたが、

こんにちは!3歳の子供を子育て中のゴロネです♪ うちの子、実は弱視です。なぜ発覚したか?発覚後の治療法は?遺伝やスマホの見すぎが原因...

娘の視力は順調に回復しています。「3歳児健診で弱視見つけて 治療が早ければ9割回復」という記事からも分かる通り、弱視は治療で回復が見込めます。ウチの娘はたまたま3歳児検診の視力検査キットで発覚しましたが、見過ごされて手遅れになるケースも多々あるようです。「50人に1人、小児「弱視」発見にマニュアル…見逃す事例多発で」少しでもおかしいなと思うところがありましたら、ぜひ眼科医に相談してみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)